2022年はツタンカーメン発掘100周年★

2021-09-29 18:01

1922年11月4日・・・イギリス人のハワード・カーターが発掘し、世紀の大発見と言われたツタンカーメン王の墓。

来年2022年11月4日 ツタンカーメン王が埋葬後、世に出てきてからちょうど「100周年」です。

「失われた黄金都市」つまり、ツタンカーメンが父イクナートン(アクエンアテン)逝去後に「遷都した都」も今年2021年に発見されました。(前回のブログでご紹介してます♪)

ツタンカーメンは元々は、イクナートンとネフェルティティがアマルナ改革の際に遷都した都「アマルナ」で生まれ、育っていたそうです。
ところが、その生まれ育った都と父の信仰したアテン神を捨てて、現在のルクソール「失われた黄金都市」に都を移したわけです。

ツタンカーメンの墓 発掘後100周年に合わせて、2022年に「破壊された都アマルナ」をはじめ、ルクソールの失われた黄金都市、そして埋葬された王家の谷・・・などなど、ツタンカーメンのたどった道を感じる旅はいかがでしょうか???

来年ですとルクソール神殿とカルナック神殿のスフィンクス参道も、大エジプト博物館もオープンしてると予想されますのでかなり濃厚で面白いエジプト旅行ができるかと〜♪

いまだ謎が多いイクナートンが信仰し、ツタンカーメンが壊した「アテン信仰」についても、ネット情報だけでなくぜひ実際に五感で感じて、体感してご判断いただけたらと思います。