エジプトHOT!ニュース

2021-09-28 20:04

2020年の3月にコロナ禍の影響で一時、観光地閉鎖したエジプトでしたが、
比較的早い段階で観光地再開、入国もPCR検査の陰性結果を提出すれば可能となりました。

その後、2021年に入ってからのエジプトの躍進/発展は目を見張るものが!

2021年の大エジプト博物館オープンに向けて・・・

★2021年4月イースター
→カイロ考古学博物館から歴代ファラオのミイラたちが新たにできたミイラ博物館に移動。
それに伴って国を挙げての大規模&豪華絢爛パレード「Pharaoh Golden parade」開催♪

旧ブログで詳しくご紹介してます


★2021年同じく4月
→ツタンカーメンの失われた黄金都市がルクソール西岸で発見!

旧ブログで詳しくご紹介してます

ツタンカーメンの時代、そしてアマルナ改革についての歴史ミステリーを紐解く正規の大発見と言われています。

★2021年8月
→首都をカイロから新たな場所に遷都する計画が進んでいるエジプト。
新都市計画も遂行中で、エジプトの未来都市ではアブダビの王族の中でもトップの息子(王子)が結婚式を挙げることに!

旧ブログで詳しくご紹介してます

★2021年同じく8月
→スフィンクスの足元で発掘されたクフ王の船こと「太陽の船」
大エジプト博物館オープンに向けて、ファラオのミイラたちに続き、こちらも動き出しました。

旧ブログで詳しくご紹介してます

★2021年同じく8月(旧暦7月)
→日本の七夕の起源と言われている、オペト祭。
ナイルが氾濫する時期(旧暦の七夕頃)、カルナック神殿とルクソール神殿それぞれに祀られている
ラー神(太陽)とムゥト女神(空気)とコンス神(月)の三位一体 家族神が年に1回集まるお祭りですが、
その際に神々が通るカルナック神殿とルクソール神殿をつなぐスフィンクス立ち並ぶ参道は、
長い間砂に埋もれて発掘されずに、観光客ももちろん立ち入り禁止。
イエスキリストよりも古い時代の女王ハトシェプストが正式参拝で通って以来、誰も足を踏み入れていませんでした。
ところが、なんとその参道が発掘され、開通することに!開通パレードも行われます。
しかもファラオのミイラたちが移動した際のパレードよりも豪華絢爛なものになるとのこと。

★2021年秋予定
→既存のカイロ考古学博物館にプラスして、大エジプト博物館が新規オープン!
それに伴って前述のミイラ博物館もオープンしました。
今までカイロ考古学博物館内だけでは展示しきれずに「秘蔵」されていた展示品も、次々に日の目を見ることになっています。
カイロ考古学博物館だけでも1日では見切れないとされていますが、博物館がさらに増えたら
丸一日、いや二日全てを「博物館めぐり」にしても大満足なご旅行となりそうです♪

旧ブログで詳しくご紹介してます

コロナ禍で日本では元気なニュースが少ない中、エジプトはかなり華やかなニュースと国の発展を遂げているようです。
観光もかなり戻ってきている上に、ますますこれまで以上に増えてきそうなエジプト。

目が離せませんね♪